ブログで人生は変わる!文章を書くことで得られる強力なメリットとは?

ブログのメリット

ブログを書くことで得られるメリットは、たぶん数え切れないくらいあります。

例えば、

・論理的思考が身につく
・喋りが上手くなる
・物事を深く考える癖がつく
・人との繋がりができる
・単純に書いていて楽しい
・不労所得が得られる
・集客ツールとして機能する

等など、あげ出したらキリがありません。

僕自身でいえば、ブログを書くことで、考え方が変わり、行動が変わり、そして生き方そのものが変わってきてると感じています。

以下は、小説家・村上春樹さんの言葉です。

僕はものを考えてから書くのではなく、
いつも文章を書きながらものを考えます。

ですから書き始めたときと、書き終えたときとで、考え方が変わってしまっていることもしょっちゅうあります。

僕にとって、文章というのは思考のためのツールなのです。

- 村上 春樹 -
    (小説家)

僕も、「書く」という行為抜きでは物事を深く考えることができないタイプの人間なので、この言葉には非常に共感できる部分が多いです。

シンプルに「書く=思考する」といってもよいかもしれない。

脳内であれこれと考えている段階では、論理もごちゃごちゃ、言葉もごちゃごちゃ、アイデアもごちゃごちゃ・・・散らかりまくりで混沌としています。

自分では一生懸命考えているつもりでも、あとから振り返ったときにほとんど覚えていないことが多いので、たぶんあまり考えられてなかったんじゃないか、と。

だから、最近は意識的に書くことを心掛けています。

何か問題に直面したら、いったんその内容について書き出してみる。そうすると、ぼんやりと輪郭が浮かび上がって、解決の糸口が見えてくることは多いです。

とはいえ、「そんなこと言ったって、どうにも信じられないなぁ」という方もいるでしょう。

そこで、今回は「ブログを書けば人生が変わる!」という根拠について、掘り下げて書いていこうと思います。

ぜひ、これから何か新しいことを始めたいと考えている方は読んでみてください。

文章を書くということ

ロジカルシンキング

「書く」とは何か?

あくまで僕の感覚ですが、どうやら書くという行為は、あらかじめ頭の中に文章のようなものがあって、それをそのまま表すのとは少し違います。

もしかしたら、人によっては初めからしっかりとした文章の形で現れてくるのかもしれませんが、少なくとも僕の脳ミソはそのようにはできていませんでした。

最初の段階では、抽象的でぼんやりとしたイメージがあるだけです。

掴めそうで掴めないこと、分かりそうで分からないこと、アイデア、キーワード、ヒント・・・あらゆるものがごちゃ混ぜの状態で現れます。

それらを一つ一つ丁寧に捉え、言葉で紡いでいく。

それが僕の考える「書く」ということです。

例えば、本や映画を見終わったあと、なんかモヤッとした感じが残った経験は誰でもあると思います。

「これは、一体どういう意味なんだろう?」と、分かりそうで分からない。まさに「ラララ〜言葉にできない♪」と歌う小田和正的な世界観です。

書き手は、そのようなモヤッとした感覚を言葉に変換して表現しているわけです。

 

文章を書く=アート

ここまでの話を踏まえると、書くことは「未来の先取り」だといえます。

今この瞬間はまだわからないけど、具体的な文字として書き出すことで、少しずつ見えてくる世界があります。

書き手は、この世にまだ存在しないものを書くわけですから、それはクリエイティブな営みであり、本質的には絵や音楽を創作するのとなんら変わりません。

書いているうちに、どんどん新しい発想が湧いてきて、自分には「こんな考えもあったんだ」と気づき、最終的には全く違ったものに仕上がっている。

どうなるかは、書き終えるまで本人にも分かりません。

つまり、書き手は、自分を深く掘り下げることで、自らの「認識の向こう側にある世界」に行けるわけです。

そのためにも、とにかく書くことが大事。いくら頭で考えてもダメです。必ず書いてください。

何か迷ったときは書く、悩んだときは書く、モヤモヤしたときは書く。

手段は、A4ノートでも、パソコンでも、マインドマップでも、自分のやりやすい形で構いません。とにかく言語化してみることで、それに紐付いた言葉が連想ゲームみたいに出てきます。

思い浮かんだ単語、イメージをどんどん書き出しましょう。この段階では、順番を考えたり論理を気にしたりする必要はありません。

まずは、頭の中にあるものを全て吐き出すことが重要です。

そして、ある程度まとまった段階で、実際の文章に落とし込んでいけばいいのです。

ちなみに、僕はこの作業(=ブレインダンプ)をすることで、通常の2〜3倍くらいのスピードで文章が書けるようになりました。

ぜひ、試してみてください。

思考の限界を超える文章術

文章術

すべて書き尽くす

先述した通り、文章を書くことで思考パターンは変わり、今まで気付けなかった認識の向こう側の世界が開けてきます。

「じゃあ、そのためには具体的にどうすればいいのか?」

というと、まずは自分が書けそうなことからとことん”書き尽くしてみる”ことがおすすめです。

「とりあえず、今書けることだけを書こう」という姿勢が大事です。

実際に、今書けることしか書けないんですから。そうやっているうちに、だんだんいろんなことが書けるようになってきます。

- 村上 春樹 -
    (小説家)

今まで経験してきたこと、これから挑戦したいこと、人に伝えられそうなこと等など、まずは書けることを書いてみる。

書く内容は、自己紹介でも好きな漫画の紹介でも何でも構いません。これまでの人生を振り返れば、どんな人でもネタの1つや2つは必ず出てくるはずです。

そうやって、毎日ネタを見つけては書いて書いてを繰り返していくと、当然書くネタがなくなってきます。

そこで初めて、必然的に書けないことを書くしかないフェーズに入っていくわけです。

 

テーマだけ取り出して書く

手持ちのネタが尽きたら、次は自由に「テーマ」だけ取り出して書いてみる。

現時点で、ぼんやりと考えていること、疑問に思っていること、深く調べたいことなどを改めて言語化してみるのです。

この場合、自分でもよく分からないことについて書くわけですから、書きながら考えて、書きながら調べて、書きながら勉強する必要があります。

そうやって、とにかく無理やりでも書いてみる。

最初はハードだと思いますよ。だって、全く書けませんから。

でも、大変でもコツコツと続けていくと、だんだんと書けるようになってきて、その感覚に慣れてくると物事を理解するスピードも徐々に上っていきます。

脳が覚醒して、書くこと自体が快感に変わってくるんです。

例えば、「幸福とは何だろう?」といった突拍子もないことを考えてみる。

幸せの定義

【幸福論3.0】人間はいかにして本当の幸せを得られるのか?

2020年6月30日

もちろん、最初は何も分からないですよ。

漠然としたイメージだけで、意味不明だし、考えも全くまとまらない。

だけど、そういう途方もないことを言語化してみると、何となく見えてくるものがあります。

これは、実際に何度も書いてみないと分からない感覚です。

ごく自然とテーマに対して意識が向かい、必要な情報は全て引き寄せられ、そして少しずつ書いてるうちに自分なりのスタンスみたいなものが見えてくる。

言い換えれば、自分と世界との関係性がクリアになって、物事全体を高い視点から広く見渡す力(=俯瞰力)が備わってくるのです。

さらに、書くことで頭の回転もよくなります。この感覚に慣れてくると、むしろ書かないと頭が働かないくらいです。

村上さんも仰る通り、まさに文章とは「思考のためのツール」なわけです。

思考が変われば人生が変わる

思考には気をつけなさい。あなたの思考があなたの言葉になるのだから。

言葉には気をつけなさい。あなたの言葉があなたの行動になるのだから。

行動には気をつけなさい。あなたの行動があなたの習慣になるのだから。

習慣には気をつけなさい。あなたの習慣があなたの性格になるのだから。

そして、あなたの性格が、あなたの運命になる。

- 不明 -

ヒデ
この言葉は、学ぶとか生きるとか、そういうこと全般に関わる1つの真理を語っているなぁと思ったので持ってきました。

誰の言葉かちょっと定かではなかったので、不明と書きました。

たぶんですけど、ネイティブアメリカンのどっかの部族の言葉だと思いますが、これは1つの真理を表していると思います。

言葉は単なる文字ではありません。言葉とは、表現し、コミュニケートし、考えるための力であり、それを通じて人生の出来事を作り出していくものです。

例えば「幸福とは何だろう?」と、今まであまり考えたこともないようなことを考えてみる。

そうすると、自分にとって「幸福とは何か?」ということがはっきりしてくるので、必然的に「どう生きるべきか?」ということもわかってきます。

ただ漠然と考えていたことが、書くことによって整理され、しっかりと腹落ちしていくのです。

当然、自分の考えに確信が持てれば、行動もパワフルになっていきます。

さらに文章を書いている中で、新しい疑問や気づきが湧いてきたら、また書いてみる。

そういうことを繰り返していると、思考の射程距離はどんどん伸びて、より深く物事を考える癖がついてきます。

また自分の好きなこと、大事なことが明確になり、今まで以上にそれを大切にしながら生きていけるようになるのです。

冒頭でも書きましたが、文章を書くことで得られるメリットは数え切れないほどあります。

是非、少しでも興味があればチャレンジしてみてください。

大変だけど、いいことあるよ。

以上、最後まで読んでくれてありがとうございました。

ブログのメリット

ABOUT運営者

現代社会で生きることを早々と諦め、ノマドになる。税金や法律の都合上、2013年に一人株式会社設立。現在は海の町で暮らしながら、主に執筆活動・企業コンサル・FXトレードなどを行い、個人ビジネスの究極形を追求している。波乗りと自然と平和が好き。ブッダを敬愛してやまない。