爆速ライティングを習得せよ!ブログ記事を3倍早く書ける文章術

瞬間ライティング

「ブログを書くのが遅いんです…。」

そんな悩みを抱えている方も多いと思います。

ぼくも元々、文章を書くスピードが死ぬほど遅い『超遅筆家』でした。

例えば、ブログで一記事(3,000〜5,000文字)仕上げるのに約10時間かけていた時期もあります。

当時は、本当に辛かったです…。

でもある時、文章を速く書くには”あるコツ”がいるってことを知ったんです。

そのおかげで、今では平均3時間ほどでスラスラと書き上げることができます。

ブログ、メルマガ、セールスレター、企画書、事業計画書、プレゼン資料…。どんな文章でも、やり方は全て一緒です。

ぼくは文章を書く際、”たった一つ”のことしか考えていません。

そして、この方法を知れば、誰でも「速く」「わかりやすく」「伝わる」文章が書けるようになるのです。

今回は、その特別なノウハウを惜しみなく公開します。

ぜひ、じっくりと読んでみてください。

ヒデ
今回紹介するのは、あの”マッキンゼー”で新入社員がみっちり叩き込まれる基礎スキルです。

文章を書く前に「設計図」を描こう!

コンプリートメッセージ

僕は、文章を書く前に必ず『設計図(上図参照)』を描いています。

そして、この設計図に”ポンポンポン”と穴埋めをして、そこから一気に書き始めるのがポイントです。

これをやるだけで、文章を書くスピードが格段にアップします。

要は、迷わないんですよ。

いきなり書き出さず、設計図をつくってから書き始めるので、パソコンの前で「う~ん…」と悩むことがなくなります。

言ってしまえば、”文章を速く書けるか否か”は、書き出す前からほとんど勝負が決まっているのです。

しかし多くの人は、いきなり書き始めようとします。もしくは、簡単な下書きをするくらいで明確な”設計図”を描けていません。

当然、何を書くのかを決めず、パソコンの前に向かっても手は動かない…。ハナから無茶なことをやろうとするから、結果的に脳がフリーズしてしまうのです。

「書く時間」と「考える時間」をごちゃ混ぜにしてはいけません。

メッセージの構造はたったの3つだけ。

  1. What(=何なの?)
  2. Why(=理由は?)
  3. How(=どうやって?)

を事前に考えておいてください。

この3つが美しく整った文章を見ると、読み手は満足感を抱いてくれます。

そして、この3つがバランス良く整っている文章を『コンプリートメッセージ』と呼ぶのです。

ヒデ
コンプリートメッセージとは、人に効果的にメッセージを伝えるための手法です。

コンプリートメッセージとは?

①What(=何なの?)

◎Whatとは?

Whatとは、「自分の主張」「結論」「伝えたいこと」。

要するに、

『あなたは何を言いたいの?』

ってこと。

ブログで言えば、『タイトル+導入文』にあたる部分です。

ここが不明確だと、その先の文章を読んでもらえません。

その時点で”アウト”です。

実際、僕もここに一番時間を割いて書いています。

そのくらい重要な部分です。

 

◎Whatのポイント

ヒデ
読み手の”メリット”になっていることが死ぬほど大事!

最初に『タイトル+導入文』を見た瞬間、そこに読み手のメリットが書かれていなければ、ブログを読んでもらえません。

そのため、

「ベージを読むことで、どんなメリットがあるのか?」

「逆に読まないと、どんなデメリットがあるのか?」

という部分をしっかりと伝えて、まずは相手を振り向かせることが重要です。

ポイントは、相手に「読みたい!」「知りたい!」と思わせることができるかどうか。

言い換えれば、冒頭で”自分の言いたいことを書いてはいけない”ってことです。

自分の言いたいことを書くのではなく、必ず読み手のメリットになることを書いてください。

そして、簡潔かつ、その続きが読みたくなるような工夫を施すことが大切です。

ここで、勝負の8割は決まります。

絶対に手を抜かないようにしましょう。

 

②Why(=理由は?)

◎Whyとは?

①What を支える「理由」「理屈」「根拠」のこと。

ブログで言えば、『本文』にあたる部分です。

Whyが不足すると、

『あなたの主張は本当に正しいの?』

と、読み手が疑問を抱えてしまいます。

当然ですが、

「なぜ、そう言えるのか?」

「なぜ、そうする必要があるのか?」

「ちゃんと証拠はあるのか?」

読み手は、こういった『なぜ?』に対する答えが満たされないと、そのブログで書かれていることを信用してくれません。

文章を書くときは、しっかりと自分の主張を支える”根拠”を示すことが重要です。

 

◎Whyのポイント

基本的に、根拠は『3つ』です。

”3は魔法の数字”と言われており、記憶するのにちょうどいい量。2つだと物足りないし、逆に4つ以上になると覚えにくく読み手が混乱します。

また、アップルの創業者・故スティーブ・ジョブズ氏も、プレゼンで要点を述べるときは、必ず3つだったそう。

不思議ですが、根拠を3つ並べるだけで人は納得しやすくなります。

そのため、特別な理由がない限り、Whyは『3つ』に絞ってください。

ヒデ
SEO的に記事のボリュームを増やしたいときは、稀にWhyの数を増やすこともあります…。

 

②How(=具体的にどうすればいいの?)

◎howとは?

Howとは、

『結局、何をやればいいの?』

ってこと。

具体的なアクションプランを示さないと、人は行動に移すことができません。

そしてHowが書かれていない文章は、とにかく読み手をイライラさせる原因になります…。

時間をムダにしたようで、「ムカつく!」「読んで損した!」と思われてしまうんです。

最後に、たった一行でも構いません。

Howを書いてあげることで、

読者さん
この記事、読んでよかったなぁ。
読者さん
これで、俺も一歩踏み出せるぞ!

と、読み手は満足感を抱いてくれます。

 

◎howのポイント

ポイントは、とにかく具体的に書くこと。

できれば、行動のステップで示してあげると、読み手の納得感は高まります。

もし思いつかなければ、例えばブログ内の記事を紹介したり、記事を書くときに参考にした本を紹介したり…。極論、どんなことでも構いません。

とにかく、

  1. What(=何なの?)
  2. Why(=理由は?)
  3. How(=どうやって?)

この3つがバランス良く整っていることが重要です。

そして、この3つを揃えることで、誰でも「速く」「わかりやすく」「伝わる」文章が書けるようになるのです。

最後に

本日の内容は以上です。

まとめると下記の通り。

コンプリートメッセージ
今日のまとめ

・いきなり文章を書き始めない。
・文章を書く前に「コンプリートメッセージ(上図)」を意識する
・「What ・Why・How」の3つの箱を埋める
・最後に一気に仕上げる

冒頭でもお伝えした通り、僕はどんな文章を書くときも全部このやり方です。

頭の中で”ポンポンポン”と3つの箱を作って、その中身を埋めてから文章を書き始めています。

そうすることで、迷わず、一気に書き上げることができるのです。

また慣れるまでは、面倒くさがらず”手書き”で箱を書いてみるのもオススメですよ。

あとは、とにかく実践あるのみ!

何事も近道はありません。地道に書き続けていれば、少しずつあなたの文章力は向上していきます。

これからもぜひ、楽しみながらブログを書き続けていきましょう。

また、当ブログでは他にも文章術について記事を書いています。

ぜひ参考にしてみてください。

読まれるブログ記事

どうしたら読まれるのか?ブログで”共感を集める”記事を書く7つのコツ

2018年6月13日
ブログ&アフィリエイト記事

読者の心を鷲掴み!稼げるブログ記事の書き方とは?

2018年6月8日
瞬間ライティング

ABOUTこの記事をかいた人

矢島秀人(ヒデ)

現代社会のあり方に疑問を感じて、最強のフリーターを志す。独自の手法「ブッダ∞アフィリエイト」を実践し、2011年以降”ほったらかし”で月収7ケタ超え。現在は海の町で暮らしながら、主にネットビジネス・企業コンサル・FX投資などを行い、個人ビジネスの究極形を追求している。何モノにも媚びず、己の腕一本で食っていける知識をシェアしよう。