面白いブログの書き方!なぜ、あなたの文章はつまらないのか?

退屈な文章

こんにちは、矢島秀人です。

ブログをやるなら、面白い文章を書きたいですよね。

僕自身もそうで、

「この人の文章って全然おもしろくない」

「マジつまんねーわ、この糞ブログ」

とか思われたら、やっぱり悲しいわけです。

しかも、面白くなければせっかく書いた記事も読んでもらえず、そこに書かれた内容も信じてもらえません。これは専業のブロガーやアフィリエイターにとっては死活問題です。

ブログで飯を食っていくためには、面白い文章を書けるスキルが必須になるのです。

とはいえ、そんなこと言ったって「自分にはユーモアなんてない」「面白い文章なんて書けないよ」と思われている方も多いはず。

そこで今回は、ちょっとした工夫で文章を面白くする秘訣を7つお伝えします。

文章が書けなくて悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

ヒデ
カン違いは禁物!「面白い=お笑い」だけではないですよ〜(ΦωΦ)

つまらないブログの特徴とは?

退屈なブログ

ごくごく平凡である

僕は職業上、よくネットサーフィンをします。

その中で最も多いのが、

「超平凡すぎるブログ」

です。

内容にインパクトがなく、どこかで聞いたことあるような話ばかり書かれている。これといった特色もなく、コンセプトもありきたり。

そのようなブログは、人から面白いと思われにくいです。

ヒデ
平凡だと、どうしても相手の印象には残りません。

例えば、読みやすく、文法的にも正しくて、まともな主張をしているのに、なかなかアクセスが集まらない。

このような悩みを抱えている方は多いでしょう。

その原因はいくつか考えられますが、ひとつとして「周りとの差別化ができていない」ことがあげられます。

やはり、人気のブログはどれも独創性があって、特定のユーザーの興味や関心を惹きつけるパワーを持っています。

テーマも面白いし、キャラ立ちもしている。

あとは、言霊ですよね。そこに書かれた文章から、相手のエネルギーがビシビシと伝わってくる。

つまり、面白いブログは例外なく、読者さんにとって唯一無二の存在になっていると言えるのです。

 

役立つ情報がない

記事の内容が、相手にとって役立つかどうかも重要です。

極論、エンターテイメント的な面白さがなくても、その記事が読み手の疑問や悩みを解消するものであれば読んでもらえます。

逆に、第一印象で「自分の求めている情報が書かれてない」「役に立たなそう」と思われてしまうと、読者はそのページを閉じて二度と戻ってきてはくれません。

そうならないためにも、ブログのタイトルや冒頭文の部分で、

「ページを読むことで、どんなメリットがあるのか?」

「逆に読まないと、どんなデメリットがあるのか?」

ということをちゃんと伝えて、まずは相手に振り向いてもらうことが重要です。

よく第一印象が大事だと言われますが、それは文章でも同じこと。

ここが不明確だと、その時点でアウト。その先を読んでもらえません。

なので、実際に書き出す前に「誰に」「何のメリット」を伝えるのかを死ぬほど考え、それを文章で分かりやすく伝えていく必要があります。

ここを意識するだけでも、だいぶ印象は変わってきますので、ぜひ試して頂けたらなぁと思います。

 

イメージしにくい文章が多い

イメージしにくい文章とは、

・ウィキペディア
・学校の教科書
・お役所の文書
・電化製品の説明書

などを指します。

具体的には、以下のような文章です。

【保育園の入園基準について】
①昼間に居宅外で労働することを常態としている場合
②昼間に居宅内で乳幼児を離れて日常の家事以外の労働をすることを常態としている場合

むむ、難しすぎるぞ(苦笑)

マジで読む気が失せますよね。

「昼間に居宅外で労働することを常態としている場合」じゃなくて「昼、いつも外で働いている人」とストレートに言えないんでしょうか。

このように躍動感やメリハリがなく、淡々と事実のみが書かれた文章は読み手に「つまらない」という印象を与えてしまいます。

やはり、文章にもテンポが大事なんです♪

ぜひ、読みやすさや改行も意識しながら書いてみてください。

ヒデ
他にも上げればキリがないですが、ざっくりとこんなとこでしょうか。

ここまでの話を踏まえると、つまらないブログの特徴とは、ごくごく平凡で、役立つ情報が少なく、イメージしにくい文章で書かれたものだと言えます。

逆にいえば、全くお笑い的な要素が入っていなくても、

・独自性があって、
・役立つ内容が書かれていて、
・テンポ良く書かれていれば、

それは面白いブログだと言えるわけです。

面白いブログの書き方「7つの必殺技」

面白いブログの書き方

①独自の意見や見解を書く

オリジナルな意見が多く盛り込まれた文章は人を惹きつけます。

その際、重要なのが「独自性(オリジナリティ)」。他との違いがあるからこそ価値は生まれます。

逆に言えば、発信の内容がまわりと被ってしまうのは絶対NG。むしろ、「俺は多数派の逆をいくんだ!」くらいのスタンスで書いた文章のほうが独創的で面白いものになることは多いです。

最初はハードだと思いますよ。だって、全く書けませんから(汗)

でも、やはり最後は自分の脳ミソから言葉をひねり出さなければ、そもそもあなたが書く意味がない。

例えば、ハウツー系の記事を書くにしても、周りと同じように説明して「はい、終わり」ではなく、そこに自分の主張や体験談を加えるだけでも十分な差別化になります。

まずは、自分の言葉で語るという意識を忘れないようにしてください。

 

②情緒的価値で勝負する

マーケティングの世界では、

・機能的価値
・情緒的価値

という2つの概念があります。

 

◎機能的価値

機能的価値とは、一言でいえば「役に立つかどうか」。

例えば、ブログでいえば「役に立つ」「わかりやすい」「記事数が多い」「ノウハウが豊富」等など・・・。

これらの要素を備えたブログは、一般的に「機能的価値が高い」と言われることが多いです。

主に、大手キューレーションサイト、企業のオウンドメディア、組織的に作られたアフィリエイトサイト等がここに含まれます。

ヒデ
とはいえ、僕のような個人ブログの場合、機能的価値ばかりを追い求めるのはあまり得策とは言えません。

なぜなら、スペック重視型の戦略は、資本の豊富な大企業が得意とするところであり、何も持たざる個人が戦いを挑んでもほとんど勝ち目がないからです。

不毛な競争に巻き込まれ、消耗して終わるのがオチでしょう。一生懸命書いた記事もすぐにパクられるし、何よりやってて楽しくない。

従って、個人ブログを運営するのであれば、次に紹介する「情緒的価値」を軸に勝負していくのがおすすめです。

 

◎情緒的価値

商品やサービスに対して、

「憧れる」

「ダサい」

「好き」

「かっこいい」

「かっこ悪い」

等など。

人間の感情面に訴えてくる価値を、「情緒的価値(あるいは感情的価値)」といいます。

要するに、誰が作ったとか、誰が考えたとか、誰が売っているかという話です。

商品にまつわるストーリーや開発に至る背景も絡めながら消費を訴求していくやり方で、有名な例だとアップル社のMacやiPhoneなどがそれにあたります。

ジョブズというカリスマ経営者がアイコンになることで、彼の持つ独特の世界観が一つの付加価値として機能し、それによって会社や商品の価値も上がる。

ライバル社のWindowsがパソコンの機能面ばかりをアピールしているのに対して、Appleは「パソコンを使って、どんな未来が手に入るのか?」という部分に訴求することで驚異的な大ヒットを生み出したわけです。

ヒデ
機能と情緒、どっちも重要です。しかし、ブログという「人」を軸としたビジネスの場合、より情緒的な部分を強めていくほうが差別化はしやすいです。

当然、その人にしか書けないことであれば、それがそのまま価値になる。

逆に、誰でも書けるようなありきたりな記事ばかりだと、他のライバルたちと機能面(記事数や更新頻度など)のみで勝負せざるを得ない状況に陥り、最終的にはジリ貧になります。

また、記事数や更新頻度を追求することで、日々の作業量が増大したり、書きたくもないことを無理やり書かなければいけなくなったり、理想の働き方とは程遠くなってしまうわけです。

そのような本末転倒な状況にならないためにも、個人ブロガーは機能的価値による差別化には早々と見切りをつけ、自分自身を信頼してもらう要素「情緒的価値」を高めることが非常に重要になってきます。

 

③自分のキャラを前面に出す

情緒的価値を高めるためには、書き手のキャラクターを前面に出していくことが大事です。

書き手の個性を一切殺して、どんなに素晴らしいコンテンツを提供しても、そこに自分という要素がなければ相手には伝わりません。

例えば、

・好き嫌い
・価値観
・人生観
・恋愛観
・趣味
・日常生活



等など、自分の個性をブログにどんどん盛り込んでいくのも一つです。

「自分の夢は◯◯」「こんなバンドが好き」「犬より猫のほうが好き」「こんなヤツが嫌い」等など、ネタはどんなものでも構いません。

ブログを通して、自分自身を知ってもらうことが目的です。そうすることで、自ずと周りとも違うブログになっていきます。

そして理想は、読者にとって唯一無二の存在になること。

これは非常に高い目標ですけど、これを意識してブログを書くという活動の中に入っていくのと、これを意識せずただ書きゃいいやと思ってやっているのとでは、数年後雲泥の差になっているはずなんで。

ぜひ、頭の片隅にでも入れておいて欲しいなぁと思います。

個性の作り方

個性の作り方 – 「自分らしさ」はどこに存在するのか?

2020年5月22日

 

④ストーリーを入れる

記事中にストーリーを入れるだけで、一気に読まれやすくなります。

多くの人は長々とした説明を嫌いますが、物語は大好きです。登場人物に自分を投影して、勝手にイメージを膨らませながら読んでくれます。

とはいえ、「そんなこと言われたって、ストーリーなんて書けないよ!」と思われた方もいるでしょう。

大丈夫です、心配いりません。そんな方のために、今日は世界一簡単なストーリーの作り方を紹介します。

やり方はシンプルで、文章の中にあなた自身の体験談を入れるだけ。

あとは「日時」「場所」「人」のいずれかで書き始めれば、自然とストーリー化していきます。

例えば、

【日時】
「3年前の私は…」と始めれば、

3年前に●●で✕✕しました。
とストーリーになってしまいます。

【場所】
「北海道で…」と始めれば、

北海道で●●がありました。
と、これもストーリーになります。

【人】
「銀座で働くみゆきは…」と始まっても、

みゆきは●●しました。
と、ストーリーになります。

この方法であれば、特に文才はいらないし、誰でも簡単に書くことができます。

ストーリーを入れるだけで、書かれている内容がイメージしやすくなり、たくさんの人から共感されやすい記事に仕上がります。

特に、読み手と共通点のあるストーリーを盛り込むと効果は絶大です。

非常に取り入れやすい部分なので、ぜひ試してみてください。

 

⑤テンポを大事にする

ブログを書くときは、

・臨場感
・躍動感
・メリハリ

を意識することが重要です。

どんなに内容が素晴らしくても、”単調な語り口”になってしまうと面白くありません。

例えば、小学生の書く作文なんかがまさにそれ。

子供
●●して楽しかったです。××が怖かったです。先生が◯◯と言ったので、★★君が△△しました。

若干オーバーですが、読まされる側からすればとても退屈です。

当然、文章を書く以上、必ず読み手が存在するわけですから、

「こういう言い回しのほうが伝わりやすいかな?」

「これより、こっちの流れで書いたほうが分かりやすいな」

とか常に相手の心の動きを考えながら、丁寧に言葉をチョイスする配慮が欠かせません。

そして、リズムに乗って、テンポよく言葉を吐き出していく。

とにかく、なるべく読み手を飽きさせない工夫をすることが大切です。

 

⑥ネット以外の芸術に触れる

アフィリエイター
上位表示するためにライバルチェックしなきゃ!

と、ネットに転がっている情報ばかりを漁っていると、どうしても”ありきたり感”が強くなってしまいます。

そこから抜け出すためには、時には自分と全く違う土俵から学んでみるのもおすすめです。

例えば、もっと真に迫るようなマンガだったり、人間の内面を鋭く描いた小説だったり、読み手の魂を強く揺さぶるような映画だったりを鑑賞する。

あとは、野外ライブも最高ですよね。

音楽には、人種や国境を超えて、人間の心の奥底に強く訴えかけてくる何かがあります。特に生音を聴くと、一瞬にして消えていく刹那的な音に魂が震えるような不思議な感覚に陥ります。

ロックでもジャズでもクラシックでも、あるいは絵でも小説でも映画でも、特にジャンルは問いません。とにかく、生で本物の芸術に触れる機会を設けてみてください。

そうすることで、内なる感覚が研ぎ澄まされ、感受性も豊かになっていきますので。

即効性はあまり期待できませんが、あるとき突然ピンときて、一気に開けてくることがあるのでおすすめです。

 

⑦魂を込めて書く

多くの人は文章を書くとき、「順序立てて書かなきゃ」「もっと丁寧に書かなきゃ」と細かい部分にフォーカスしがちです。

でも、それ以上に大切なことがあります。

それは「魂」です。魂が込もっていなければ、絶対相手には伝わりません。

記憶に新しいところで言えば、スタンフォード大学の卒業式で故スティーブ・ジョブズ氏がおこなった有名なスピーチがあります。

スティーブ・ジョブズ
ハングリーであれ。愚か者であれ。

というやつです。

知らない方は、YouTubeで一度観てほしいのですが、めちゃくちゃ魂が込もってる。英語がわからなくても、それを乗り越えてくるパワーのようなものがギンギンに感じられます。

やっぱり魂がこもってなければ、いくら文法的に正しくても、どんなにキレイな言葉を使っていても意味がないんですよ。

そのためにも、

「なぜ、あなたはその情報を発信するのか?」

「あなたが本気で伝えたいことは何なのか?」

という部分を明確にしておく必要があります。

言い換えれば、あなたが活動する理由です。これがないと、どんなテクニックを使ってもムダです。ほとんどの場合、上手くいきません。

なぜなら、その発信に「軸」がないからです。

逆に、ここがハッキリとしていれば、不思議と一つ一つの言葉にパワーが宿りだす。その結果、あなたの発信するメッセージに共感してくれる人だけに届いていきます。

極論、それで十分じゃないですか。

すべての人に好かれようとすると、逆に誰からも好かれません。理由は簡単で、平凡でつまらないものになっていくからです。

そうじゃなく、

「嫌いたいなら嫌ってくれて構わない」

「それでも、俺は俺が言いたいことを言うんだ」

という強い気持ちを持って、迷わず自分のメッセージを発信する。

みんなから面白いと思われる必要なんてありません。ちゃんと分かってくれる人に伝われば、それで充分だからです。

そして、そのためには目先の何かではなく、本質的に人を惹きつけるものであるかどうかが非常に求められます。

別に、たくさんの人から支持を集めるものじゃなくていい。極論、1人か2人でも構わない。

例えば、自分の子どもが「お父さんカッコいいね!」「お母さんカッコいいね!」みたいな形で、世界で自分の家族しか評価していなかったとしてもそれは構わない。

とにかく、本質的に人を惹きつける何かがあるのかどうかが重要です。

当たり前ですけど、

アフィリエイター
タワマンに住みたいです、いい車に乗りたいです、だから広告費目当てでブログを始めました!

みたいなものは誰も惹きつけないですよね。

恐らく、アクセス数も伸びないだろうし、仮に運良くバズって伸びても、その人には何も残らない。

わずかな広告費が入るだけです。

逆に、売上になるかはわからない、広告費が入るかはわからない、アクセスも伸びるかはわからない。

だけど、誰かを惹きつけるようなものであれば、それは最終的には財産です。

そうやって、段々とファンが増えてくる。これこそが真に面白いブログの正体なんじゃないかと思います。

最後に

話をまとめると、面白いブログを作るためには、

「他のブログでは存在しない価値を、あなた自身の力で作り出していくこと」

ということが求められます。

そのためにも、「●●さんがこう言っているから」「このブログに✕✕と書いてあったから」みたいなモノマネ思考は絶対にやめるべきです。

奴隷脳になって、自分の軸を見失ってしまうと、どんどんつまらない文章になってしまいます。

大事なのは「オリジナリティ(独創性)」

最初は大変かもしれませんが、自分の脳ミソから言葉を吐き出すことを意識し、ぜひあなただけの素晴らしい作品を創りあげて頂けたらなぁと思います。

また、ライティングの具体的なノウハウについては以下のページでも詳しく解説しています。

ぜひ参考にしてみてください。

以上、最後まで読んでくれてありがとうございました。

ブログ&アフィリエイト記事

読者の心を鷲掴み!稼げるブログ記事の書き方とは?

2018年6月8日
読まれるブログ記事

どうしたら読まれるのか?ブログで”共感を集める”記事を書く7つのコツ

2018年6月13日
個性の作り方

個性の作り方 – 「自分らしさ」はどこに存在するのか?

2020年5月22日
退屈な文章

ABOUT運営者

現代社会で生きることを早々と諦め、ノマドになる。税金や法律の都合上、2013年に一人株式会社設立。現在は海の町で暮らしながら、主に執筆活動・企業コンサル・FXトレードなどを行い、個人ビジネスの究極形を追求している。波乗りと自然と平和が好き。ブッダを敬愛してやまない。