【最強の健康法】人類にとって体調管理は『自己投資』である。

ジョギング

『心技体』という言葉をご存知ですよね?

これは、

・心(精神、マインド)
・技(技術、スキル)
・体(体力、フィジカル)

この3つの要素を兼ね備えたとき、最大限のパフォーマンスを発揮できるという教えです。

武道の世界でよく使われる言葉ですが、これは人生でも同じこと。

いかに優れた才能があっても、肉体のケアを怠れば充分に力を発揮することは難しいでしょう。

土台となる肉体がしっかり機能していなければ、いずれ限界がきて、そこで大きな差が生まれてしまいます。

そのため、長期的に活躍していくためには、体のメンテナンスは必須なのです。

そこで今回は、健康を維持するうえで最も基本となる『肉体を進化させる方法』について紹介します。

これから伝えるメソッドは、決して派手ではありません。しかし無理なく続けることができ、身につければ一生モノの価値になります。

ヒデ
しっかりと読んでマスターしてくださいね。

古代の叡智から学ぶ『超』健康法

四大元素

僕が日々実践している”最強の健康法”。

その正体は、『四大元素(風・水・大地・火)』を体にどんどんと取り入れること。

ただ、それだけです。

これをマスターすれば、あなたも健康的な肉体を手に入れ、最高のコンディションを保ちつづけることができるでしょう。

【四大元素】
四大元素とは、この世界の物質は、火・空気(もしくは風)・水・土の4つの元素から構成されるとする概念。

古代ギリシア・ローマ、イスラーム世界、および18~19世紀頃までのヨーロッパで支持された。古代インドにも同様の考え方が見られる。中国の五行説と類比されることも多い。

引用:Wikipedia

ここまで読んでみて、

「なんだ、スピリチュアルかよ!」

「めちゃくちゃ怪しいんですが…。」

と、不安に思われた方もいるかもしれません。

でも、安心してください。オカルト的な話では一切ございません。

そして、テレビで垂れ流される”インチキ情報”でもなければ、甘い言葉で誘惑して消費者をダマし続ける”サプリ会社の広告”でもありません。

四大元素の考え方は、元々”近代医学のルーツ”であり、肉体の原理原則に立ち返った最強のメソッド。

ぜひ、この先も安心して読み進めてください。

それでは、それぞれの要素について詳しくみていきましょう。

四大元素(風・水・大地・火)の効用

風=呼吸

呼吸法

①深呼吸で体は元気になる!

肉体の進化を考えるうえで、最も重要なのが『呼吸』です。

よく考えてみてください。

人間は水を飲まなくても数日間は生きられるし、何も食べなくても数週間は生きられます。

しかし呼吸を止めると、わずか数分間で死んでしまう。

それなのに、食べ物や飲み物には気をつけている人でも、呼吸については無関心であることが不思議でたまりません。

しっかりと呼吸をおこなえば、免疫機能は高まり、病気になりにくい体になります。また集中力が高まり、ストレスも軽減されます。

今よりずっと健康になり、人生の質も向上するのです。

 

②現代人の抱える問題点

しかし、現代人の約6割が慢性的な『過呼吸状態』だと言われています。

これは日本に限らず、世界的にも大きな問題になっているのです。

多くの人が、浅くて落ち着きのない口呼吸をしている。鼻を通さずに胸だけで浅い呼吸をしている。なかには、それすらもマトモにできず、息を吸ってばかりの人もいる。

意外かもしれませんが、健康を妨げる一番の原因は『慢性的な過呼吸』です。

浅い呼吸ばかりしていると、アドレナリンが分泌されて、どんどんストレスが蓄積されていきます。

その結果、

・不安障害
・集中力の低下
・喘息
・倦怠感
・不眠
・心臓病
・肥満

このような恐ろしい症状の引き金になることも・・・。

ぜひ、この機会に日々の呼吸について考えてみてください。

 

③正しい呼吸法

ヒデ
まずは1日3〜5分ほど、毎日『深呼吸』する時間を作りましょう。

朝起きたとき、仕事の休憩時間、夜寝る前など・・・。

自分のペースで、”フ〜”っとゆっくり吸って、”フ〜”っとゆっくり吐く。

正しい呼吸法
静かで、緩やかで、鼻呼吸で、腹式呼吸で、リズムが一定していて、吐いてから小休止が入る。

これが正しい呼吸法です。

また吐く時は、体内の空気をすべて出し切るイメージで、しっかりと吐き切ることを意識しましょう。

これだけでも、充分に効果があります。

世の中には『ヨガ呼吸法』『4-7-8呼吸法』『システマ式呼吸法』等など、さまざまなやり方が存在しますが、そこまで神経質になる必要はありません。

◯秒吸って、△秒止めて、✕秒かけて吐くとか・・・。そんなのは取ってつけたルールに過ぎず、万人に適応することは不可能だからです。

例えば、肺活量だったり、体重だったり、年齢だったり、血液の量だったり…それぞれみんな違います。

それこそ、毎日バンバン体を鍛えている若者と、運動を全くしていないお年寄りでは、基準が変わってくるのは当然のことなのです。

基本は、ゆっくりと深呼吸をすればOK!それ以上のルールや決まりなんてありません。

とにかく、深く吸って、深く吐くことを意識しましょう。

また、「もっと詳しく呼吸法について知りたい!」という方は、以下のページも併せて読んでみてください。

呼吸法

人生が変わる呼吸法

2017年10月30日

 

水=デトックス

水分

①毎朝500mlの水を飲む

次に大事なのが『水』です。

コンビニなどで売られている”ミネラルウォーター”でも構いません。とにかく意識して水を飲むように心がけましょう。

それでどんな風に飲めばいいのかというと、まず朝起きたら500ml(コップ2杯半)の水を飲んでください。

個人差はあると思いますが、成人であれば少なくともコップ1〜2杯くらいは飲むと良いでしょう。

理由はいくつかあって、まず一つ目が、睡眠中に汗をかくことで軽い脱水症状を起こしているケースが多いから。

そして、2つ目が寝ている間にカラダの中で大量の細菌が発生しているからです。

恐らく、誰でも朝起きたら「口の中がネバネバする…」といった経験があると思います。

このネバネバの正体は『細菌の塊(=プラーク)』。

僕はそれが不快なので、必ず毎朝起きたら”グジュグジュグジュ”とうがいをするのですが、実は口の中以外にも、食道や胃や腸の中にもプラークは発生しているのです。

だから、水を飲んで『ジャ〜』っと体の中をキレイに洗い流してあげる。

そうすることで、うんちやおしっこと一緒に体外へ排出することができます。

 

②1日1.5〜2リットルの水を飲む

では、1日にどれくらいの水を飲めばいいのでしょうか?

これも個人差はありますが、大体1.5〜2リットル(コップ4〜5杯)を目安に飲むとよいと思います。

ただし、

「体が水を求めていないぞ」

「今日はちょっと飲みたくないなぁ」

と感じたら、そこで無理して飲むことはありません。

例えば、お腹が張っていたり、水が溜まって”ちゃぷちゃぷ”と音がしたり・・・。体が求めていないのに、無理に飲んでしまうと、逆に腎臓に負担をかけてしまいます。

自分のペースで、適度に飲むことを心がけてください。

 

③水の力をアップさせる方法

先ほど、『毎朝500mlの水を飲むといいですよ!』という話をしましたが、僕はさらにもう一手間加えて、水をパワーアップさせた状態で飲んでいます。

やり方は凄く簡単です。

水の中にレモン1個とライム1個を”ギュッギュ”っと絞って、そこにリンゴ酢を加えて飲むだけ。

一応、どんな感じで作っているのかを説明しておきますね。


①まず、オーガニックの『レモン』と『ライム』を1個ずつ準備します。

レモン&ライム レモン&ライム2

②半分に切ったら、ハンドジューサーで絞ります。

ハンドジューサー

③ここで隠し味として『リンゴ酢』を加えます。

リンゴ酢

④水(約500ml)を入れて、円状に”クルクルクル”っと約1分ほどかき回します。

レモン&ライム&リンゴ酢ジュース

⑤出来上がった水をゆっくりと飲んでいきます。


毎朝、これを飲むだけで元気になります。

さまざまなメリットがあるのですが、一番は「腎臓」のデトックスをしてくれること。

皆さんも、”腎結石”って病気を聞いたことがありますよね?

通常、腎臓には小さな石コロや砂みたいなものが溜まっているのですが、それを綺麗に溶かしてくれるのが『リンゴ酢』です。

また、ライムは”がん予防成分”の宝庫としても有名で、レモンとの相性もバッチリ!

すっぱいクエン酸が”きゅ〜”っと内蔵に染み渡り、血液中の老廃物の排出を促してくれたり、腸内環境を整えたりしてくれます。

そして、「今日もやるぞ!」という気合が湧いてくるんです。

とにかく、これを飲まないと1日が始まりません。

一度騙されたと思って試してみてください。

 

大地=食事

大地の恵み

①人体≒土

ヒデ
呼吸、水ときて…3つ目に重要となる要素が『食事』です。

そもそも論ですが、大地には凄まじいエネルギーが秘められています。

『土』には地球上に存在するほとんどの元素が含まれており、人体を構成しているのはすべて『土』の中に含まれているものです。

とはいえ、僕たち人間が、その大地のエネルギーを直接体内に取り込むことはできません。

当然ですが、土を”ムシャムシャ”と食べたり、岩を”ガリガリ”と食べたりすることは不可能ですよね^^;

そこで、植物だったり、野菜だったり、果物だったり…。彼らが代わりに大地のエネルギーを吸収して、それを僕たちが食べやすい形に変換してくれています。

そして、大地のエネルギーをバランスよく摂取しないと、人間のカラダも上手く機能しないようにできているのです。

よく言われるように、食事とは『大地の恵み』です。

まずは、この基本をしっかりと抑えておくことが重要です。

 

②新鮮なものを食べる

それで、よく巷では、

「炭水化物はダメ!」

「タンパク質は良くない!」

等など、色々と言われていますが…。

僕は、基本的に何でも食べています。特に「これを食べたらダメ!」というのは決めていません。

ただし、出来るだけ新鮮なものを食べるように心がけています。

いつ死んだか分からないような肉は食べないし、いつシメたか分からないような魚も食べない。

とにかく新鮮で、食べ物(肉・魚・野菜など)の中に”魂が残った状態”のものを取り入れています。

そうじゃないと、フレッシュな考えも、毎日を生きる活力も生まれてこない。

そう考えているのです。

正直、これに関しては医学的な根拠は乏しいかもしれません。

だけど、食事とは生き物の”魂をいただく行為”であり、やっぱり古いものばかり食べていたら考え方だって古くなるだろうし、コンビニ弁当やファーストフードばかり食べていたらパワーも生まれてこないはず。

だから、肉でも魚でも冷凍保存されたものはあまり食べず、なるべくフレッシュで長持ちしないものを食べています。

 

③発酵食品を食べる

ただし、例外もあります。

キムチ・きのこ・納豆・ヨーグルトなどの『発酵食品』は大好きでよく食べています。

発酵食品には、腸内環境が整え、免疫力を向上させる働きがあります。

人間にとっての『腸』とは、植物でいうところの『根っこ』。

根っこが腐ったら、全体が蝕まれるのは当然のことです。

病気の根源は、「腸内環境の悪さにある!」といっても過言ではないでしょう。

それほど、重要な場所なのです。

そのため、腸内菌が死滅してしまうことを避け、腸の中にたくさん微生物が存在するような環境を心がけています。

なかでも、最も強力なのが『キムチ』。キムチの乳酸菌は非常に強く、納豆やヨーグルトの比ではありません。

まさに、発酵食品界の”横綱”です。

僕は毎朝、韓国のオバちゃん手作りのキムチ・納豆・生タマゴを”グルグルグル”っと混ぜたものをゴハンにかけて食べています。

ヤミつきになるほど美味しいですよ。

ほかにも、僕はキノコがマリオ並に好きなので、様々なキノコを入れた生姜スープもよく飲んでいます。

特に、『花粉症』がひどい方にオススメです。

継続的に飲むことで、症状がとてもラクになりました。

 

④命を守ってくれる最強の食材『にんにく』

体の免疫力をMAXまで高める食材、それが『生ニンニク』です。

ニンニクに含まれる”アリシン”には強力な抗菌・殺菌作用があり、

”ガン予防に効果がある最も重要な食物”

として世界中で注目されています。

 

いわゆる、天然の”抗生物質”だと考えてください。

病院でも抗生物質は処方されますが、あれだと善玉菌も一緒に殺してしまいます。

だけど、ニンニクは違います。善玉菌はちゃんと残して、悪玉菌だけのみをやっつけてくれるのです。

ヒデ
ガチで世界最強なんですよ( ・`ω・´)キリッ

こういう話をすると、

『いやいや、ヒデさん。
いつも話が大げさなんだから!』

と、思う人もいるかもしれませんが、マジで盛ってません(汗)。

 

ニンニクの歴史を調べてみると、伝説的なエピソードも数多く残っています。

有名なのが『ピラミッド』にまつわる逸話です。

ピラミッド

古代エジプト時代、ピラミッドを作るため、労働者(奴隷)たちはパワーの源であるニンニクを食べながら過酷な労働をこなしていたそうです。

 

ミイラ

ご存知のとおり、ピラミッドとは”王族のお墓”。エジプトの王様たちは、死後も自らの栄光が失われないよう、たくさんの財宝も一緒にお墓に入れていました。

そうすることで、死後の世界でも富が失われることはないと信じていたのです。

 

ピラミッドとニンニクの話

ピラミッドには貴重な財宝が眠っています。当然、それを盗み出そうとする盗賊もたくさんいました。

しかし、そのお宝は誰もゲットすることができず、ピラミッドに忍びこんだ盗賊たちは、何故かみんなバタバタと倒れてしまったそうです。

というのも、ピラミッドには何百年も放置されたミイラがいます。そこには得体の知れない病原菌がウヨウヨしていたため、盗賊たちは病気になって死んでしまったのです。

 

盗賊

そんなある日、体に『ある』仕掛けを施した盗賊がピラミッドに侵入、その男は病気で倒れることもなく、財宝を盗み出すことに成功しました。

その『ある』ものの正体こそが、ニンニクだったのです。

最終的に、盗賊は捕まってしまいましたが・・・。

 

王様から、

 

王様
ピラミッドの中まで入って、なぜおまえは死ななかったのだ?

 

と尋ねられ、

 

盗賊
実はニンニクです。ニンニクを食べながら入ると病気にならないんです。

 

と答えました。

 

それを聞いた王様は驚き、そこからニンニクの噂も一気に広まったそうです。


このように、ニンニクには人間の体を外敵から守ってくれる『魔除け』のような働きがあります。

また、今だ科学的に解明されていない成分もたくさんあり、ほかにも何千何百という効能が秘められているそう・・・。

まさに、ニンニク恐るべしです。

 

ただし、”生”で食べなければ意味がありません。

なぜなら、60度以上の熱を加えてしまうと食物の酵素が死滅し、その結果にんにくのパワーも半減してしまうからです。

おそらく多くの人は、

・匂いが気になる
・味が辛い
・お腹が痛くなる

という理由で生ニンニクを食べないのでしょう。

しかし一ヶ月ほど食べ続けていると、体がニンニクを吸収しやすくなり、匂いもさほど気にならなくなります。

また「辛くて食べれない!」という方は、ドレッシングにしてトマト、アボガド、きゅうりなどと一緒に食べると良いですよ。

 

にんにくドレッシングの作り方

■材料(1人分)
・ニンニク      一欠片
・生姜       親指程度
・オリーブオイル 大さじ一杯
・リンゴ酢       適量
・しょうゆ       適量

ニンニクと生姜をすりおろし、残りの材料を全部混ぜ合わせれば完成です。

さらに辛味をおさえたい場合は、リンゴ酢の代わりに、ハチミツを加えると丁度いい甘さになります。

僕は匂いのデメリットより、食べることのメリットを重視し、毎日1〜2片くらいを目安に摂取しています。

一口食べればパワーが湧いてきます。ぜひ生ニンニクでパワーを注入してください♪

 

⑤伝統的な日本食こそが最強!

あとは、やっぱり和食ですよね。

健康になりたいのであれば、伝統的な日本の食事を大事にすべきだと思います。

ゴハン・みそ汁・焼き魚・卵焼き・納豆・漬物・ノリ・ほうれん草のゴマ和え・ちりめんじゃこ等など・・・。

本当にバランスが素晴らしい。発酵食品もあって、タンパク質もいい感じで採れて、食べ合わせも文句ありません。

断言します。

和食こそ、世界最強の『健康食』です。

今一度、日本食の素晴らしさを再認識し、これからの食生活を見直してみてください。

 

火=太陽

朝陽(サンセット)

①朝日を見る

ヒデ
風・水・土ときて、最後は『炎』。

生活の中に炎を取り入れるだけで、体はどんどんと元気になっていきます。

 

突然ですが、ここで1つ質問です。

地球上で、最も大きな”炎”って何だと思いますか?



言うまでもなく、『太陽』ですよね。

太陽は、惑星の中で最も大きな炎であり、そのパワーが地球上に降り注ぎ、あらゆる生命を育んでいます。

僕ら人間は、およそ数千万年も昔から、太陽とともに生活を営んできました。

そのため、本来人間は日の入りとともに寝て、日の出とともに起きるという体内時計を持っており、なるべくそれに合わせた生活をしたほうが心身ともに健康になれます。

とはいえ、日の入りとともに寝るなんて早過ぎますよね?

特に、働き盛りのビジネスマンであれば120%無理でしょう。

そこで、せめて『日の出とともに起きること』。これぐらいは意識してやって欲しいと思います。

とにかく、朝一番の太陽をしっかりと浴びて欲しいんです。

これはインドの伝統医学『アーユルヴェーダ』の治療法で、できれば日の出の瞬間から10分くらい”ジー”っと朝日を見つめてください。

ポイントは以下のとおり。

目から太陽の光を送り込み、脳に光を浸透させていくイメージで行う。

さらには、裸足で『大地(土、砂浜など)』に立った状態で行うと効果が倍増する。

僕も毎朝、日の出とともに起き、海の砂浜に立って太陽を”ジー”っと見つめています。そこで波チェックをして、波が良ければサーフィンをします(*^^*)

海に入る前に30分くらい『ヨガ』をするのもめちゃくちゃ気持ちいいですね。

まるで地球と一体化したような安らぎが得られます。

 

あと、たまに「太陽を”ジー”っと見ましょう!」なんて言うと、「えっ?太陽を直視したら目に悪いんじゃないの?」と不安に思われる方もいるんですが、そこは安心してください。

日の出から最初の1時間であれば、太陽を直視しても全く目が痛くなりません。

全然眩しくないし、人体にも無害です。

逆に、この1時間のゾーンを越えると刺激が強すぎるので絶対見ないようにしましょう。

 

②太陽光は万能薬

朝日を浴びることのメリットは、科学的にも実証済みです。

効果は以下のとおり。

(1)ポジティブになれる!

朝日を浴びることで、脳内に『セロトニン(幸せホルモン)』が分泌され、それにより脳が活性化、やる気スイッチが入ることが明らかになっています。

逆に、セロトニンが不足すると、マイナス思考に陥りやすくなったり、ウツ状態になったり、精神に支障をきたす恐れもあるので気をつけましょう。

またセロトニンの生成は、日中の日差しでは行われず、朝日を浴びるのがもっとも効果的です。

 
(2)不眠症が改善される!

太陽を浴びることで、体内時計がリセットされ、正常に動作するようになります。

睡眠ホルモンであるメラトニンは、太陽の光を浴びて14〜16時間後に分泌がスタートします。

つまり、毎日決まった時間に眠くなるので、不眠症を解消することができるのです。

これは、海外での時差ボケにも有効です。時差ボケで苦労されている方は、現地で朝日を”ジー”っと見つめるだけで一気にラクになりますよ。

 
(3)マイナスイオンが溢れている!

夜明け前後の朝は、一日のうちで最も『マイナスイオン』が多い時間帯です。

マイナスイオンの効能
・血液の浄化
・細胞の活性化
・内臓の活性化
・免疫力を高める
・自律神経を整える

さまざまな効果があり、鎮静・催眠・制汗・食欲増進・血圧降下・爽快感・疲労防止・疲労回復を促してくれます。

早起きはツライかもしれませんが、それ以上の恩恵が受けられるでしょう。

ぜひ、太陽から元気をたくさん貰ってくださいね。

最後に

ヒデ
今回は、近代医学のルーツでもある『四大元素(風・水・大地・火)』について詳しく解説しました。

この考え方には、

「自然界は全てこの4つの要素から成り立っていて、自然の摂理から離れると病気になってしまいますよ!」

という深い意味が込められています。

だから、健康について考えるうえでも、まずはこの4つの要素をしっかりと抑えておくことが重要なのです。

人が楽しく生きていくためには、健康なカラダが不可欠です。

そして、それは日々の習慣によってもたらされる恩恵でもあります。

すぐに効果は実感できないかもしれません。しかし3年後、5年後、10年後・・・長い目でみれば絶対やっておいて良かったなぁと思えるはずです。

ぜひ面倒臭がらず、肉体のケアに励んでみてください。

以上、最後まで読んでくれてありがとうございます。

ジョギング

ABOUTこの記事をかいた人

矢島秀人(ヒデ)

現代社会のあり方に疑問を感じて、最強のフリーターを志す。独自の手法「ブッダ∞アフィリエイト」を実践し、2011年以降”ほったらかし”で月収7ケタ超え。現在は海の町で暮らしながら、主にネットビジネス・企業コンサル・FX投資などを行い、個人ビジネスの究極形を追求している。何モノにも媚びず、己の腕一本で食っていける知識をシェアしよう。