克服するな!孤独をパワーに変える5つの方法

孤独

「宇宙の片隅で、私だけが取り残されている…」

人は誰しも、そのような寂しさを経験したことがあるのではないでしょうか。

誰だって、孤独は辛い。

孤独に襲われたとき、「どうにかしたい…」と思うのは当然のことかもしれません。

もちろん、寂しさに耐えきれず、周りに流される自分があってもいいし。わざわざ、人から嫌われるようなマネをする必要もない。

でも、そこで気持ちをごまかして、居心地のいい場所を確保することは、結果的に本当の「幸せ」を約束してはくれません。

孤独を恐れ、群れの中にいれば、自分の内面はどんどん弱くなっていきます。自分がどんどん失われていきます。

自分らしく生きていくうえで、もっと闘わなきゃいけなかったり、抗わなきゃいけなかったりする場面って必ずあるはずです。

そこで当ページでは、孤独と上手に付き合っていくためのヒントを紹介していきます。

孤独に苦しんでいる人は、ぜひ参考にしてください。

なぜ、孤独は大切なのか?

孤独

現代社会では、あまりに孤独のネガテイブな面ばかりが強調されている気がします。

ちょっと落ち込んでいるだけで「ウツ」と呼ぶなど、悪いものとして捉える傾向があります。

しかし、かつてはある程度の孤独は、当たり前のものとして受け入れられていました。

徒然草のなかで、吉田兼好は以下のように記しています。

原文
「つれづれわぶる人は、いかなる心ならん。まぎるるかたなく、ただひとりあるのみこそよけれ。」

現代訳
「やることがない寂しさを苦痛と感じる人は、どんな気持ちでいるのだろう。私には分かりません。世間から離れ、ただ孤独の境地にいることこそ、最高なのになぁ。」

実際、孤独をネガティブに捉え始めると、気分はどんどん沈んでいきます。どんどんウツ的な症状に陥っていきます。

だけど、本来すべての人間は孤独。ひとりで生まれ、ひとりで死んでいく存在です。

生きてる限り、ひとり。それは単なる事実でしかありません。

大切なのは、どのようなスタンスで孤独と向き合っていくかを自分なりに考えていくこと。どんな状況だろうが、自分らしく生きていくことができる強さを身につけることです。

そうやって自分で主体的に考え、みずから選択するという生き方ができるようになれば、人生も必ずや良い方向に向かっていくでしょう。

孤独な体験は、のちの自分を強くし、幸せにしてくれます。

どうか孤独を恐れるのではなく、その存在を認め、自分と真剣に向きあえる唯一の時間だと考えてみてください。

孤独に対して、ポジティブなイメージを持ってみてください。

たまには「1人の時間もいいなぁ。」くらいの気持ちが持てると、少しずつ孤独を恐れない強さが身についていくはずです。

孤独をパワーに変える5つの方法

孤独をパワーに変えろ!

孤独をパワーに変えるためには、不安な感情とどう向き合っていくかが重要です。

ここでは、筆者自身が、実際におこなっている具体的な方法をお伝えします。

あくまで一例なので、ぜひ自分なりの孤独との付き合い方を見つけてください。

①気持ちをノートに書き出してみる

自分の中の”モヤモヤ”を頭で考えるだけでなく、「言葉」や「文字」にしてみることでスッキリすることは多いです。

ヒデ
僕も孤独を感じたとき、一人ノートを開いて、自分のなかのモヤモヤを”目に見える文字”として書き出してるよ。

書くことで思考は整理され、頭の中はどんどんクリアになっていきます。

そもそもネガティブな感情が力を発揮するのは、「嫌だなぁ」「辛いなあ」と感じ、逃げ出したいと思っているときです。

だから、もしネガティブな感情が湧き上がってきたら、それを素直に認め、みずから居場所を与えてあげればいいのです。

ネガティブな感情は、居場所を与えられ、表に出されると居心地が悪くなる性質を持っています。

そこで、「文字」のような目に見える形にしてやることで、自分の状況を客観的に眺めることができ、不安もどんどん薄くなっていくのです。

不安なときこそ、ひとり静かに。自分の心の声に耳を傾けてみよう。

 

②本を読む

孤独と読書の相性はバッチリです。

ヒデ
僕もやることがない時は、本を読んでいることが多いです。

本を読むことで、本来出会うはずもなかった他者、歴史上の偉人たちと一緒にいるような気持ちになれます。

そんな憧れの人達が、自分に向けて真剣にメッセージを語りかけてくれるんだから、こんな贅沢なことはありません。

そもそも人間というのは、大勢の人がいる中の1人として存在しています。なので「自分を知る」ためには「他者を知る」ことが大切になってきます。

本を読むことで、遠くで結びつく他者の人生や考えを垣間みることができ、新たな自分に出会えるキッカケにもなるのです。

それこそ、太宰治なんて読んだら「世の中にはこんなにも孤独な人がいるんだなぁ。」と、少しは気分も軽くなりますよ。

読書を通して、そうした人々と出会えるということは、孤独な時間を過ごすうえで、とても有意義なものになるでしょう。

 

③今までやってみたかったこと、趣味に没頭する

孤独でいるときこそ、クリエイティビティは発揮されます。

逆にいえば、孤独のなかでしか、自分自身を深めていくような濃密な時間は得られません。

ひとりの時間は、基本的に自分を鍛える時間。自分という人間をしっかりと作り上げていく時間。自分のスキルを磨いていく時間だと考えてみましょう。

人は孤独なときこそ、力を伸ばしていくことができるのです。

たとえば、映画を年間 100本観てみよう。走る習慣を身につけよう。徹底的に英語を勉強してみよう。

1人きりの時間を利用して、1人でしかできない世界を楽しむ。集中して何かに打ち込んでみる。

これができると、自分を大きく成長させ、より魅力的な人間になれます。

孤独は、自分を磨き、豊かにしてくれる、かけがえのないひとときを与えてくれるものなのです。

 

④ヨガやストレッチに取り組む

心とカラダは直結しています。

フィジカルがなければ精神的なものはないし、精神的なものがなければフィジカルもありません。

心と身体は、ひとつ。そのため、心のバランスが崩れたとき、心だけで解決することはとても難しいのです。

孤独に押しつぶされないためには、普段から身体との一体感を大切にし、仲良くしておくことが重要です。

自分のカラダを快適に感じられると、どんな状況でも心地よくいられます。不思議と、ひとりでも平気だと思えてきます。

なかでも、特に有効なのが『ヨガ』です。身体を通して自分の内側を見つめられるようになると、自分が今どんな状態にあるのかを把握できます。

自分の状態を知ることができれば、そこから気分をコントロールすることも難しくありません。

そして、全体を”ひとつ”のものとして捉えることができるようになると、宇宙(大いなるもの)と一体化したような安らぎが得られます。

ヨガによって、心の平安を取り戻すことが出来るんです。

ぜひ、オススメですよ。

 

⑤自然のなかに身を置いてみる

人間という生き物は、自然のようなクリアなもの、ピュアなものを取り入れたり、触れたりしないと、どうしてもバランスが崩れてしまいます。

外に出て小鳥を見たり、夕日を見て綺麗だなぁと感じたり、星を見上げてボーっとしてみたり…。そういう当たり前のことを大事にしてみてください。

自然に抱かれている。そのとき、人は孤独であっても豊かになれます。

ぼくの場合、生まれ育った土地が海に近かったせいか、とにかく海を眺めていると落ち着きます。海を見ているだけで、”ふっ”と心が軽くなっていきます。

考えてみると、人間は海との親和性がとても高いのです。すべての生物は海から産まれてきたし、胎児のときは水の世界で過ごしていました。

孤独で苦しんでいる人は、もっと自然を感じてみましょう。海に飛び込んでみたり、山で川の水をすくってみたり、地球を本気で感じてみてください。

自然のなかで、普段の時間の流れとは違うリズムで過ごすとリフレッシュできるし、人間本来の感覚を取り戻すことができます。

大切なのは「五感」で感じること。自分の直感に素直になること。

ぜひ、あなただけのパワースポットを見つけてください。

最後に

どうか一人ぼっちを恐れないでください。

少し視点を変えて、孤独の存在を認め、自分と向き合える唯一の時間だと考えてみてはいかがでしょうか?

ヒデ
むしろ、本当に辛いこと、キツイことを体験したときは、あまり早急に解決策を求めないほうがいいかもね・・・。

それよりも、その「苦しみ」のようなものをじっと抱え込んだほうが、何かしら自然と見えてくるものがある気がします。

孤独を感じたときこそ、「わたしは今、成熟している時期なんだ。」と思って気持ちを強く持ってみる。

時には、孤独に負けないパワーも必要なのです。

本当に強い人間は、優しいものです。

どうか負けないでください。

孤独

ABOUTこの記事をかいた人

矢島秀人(ヒデ)

現代社会のあり方に疑問を感じて、最強のフリーターを志す。独自の手法「ブッダ∞アフィリエイト」を実践し、2011年以降”ほったらかし”で月収7ケタ超え。現在は海の町で暮らしながら、主にネットビジネス・企業コンサル・FX投資などを行い、個人ビジネスの究極形を追求している。何モノにも媚びず、己の腕一本で食っていける知識をシェアしよう。