情報発信ビジネスで成功するために一番大切なこと

情報発信ビジネス

「一億”総表現者”時代がやってきた。」

ここ数年、よく耳にするフレーズです。

ブロガー、YouTuber、インスタグラマー、アフィリエイター等など・・・。

近年、ネットが爆発的に普及したことで、誰もが自分のブログやSNSを通じて、情報発信することができる時代になりました。

そして今後も、確実にこの流れが加速していくことは間違いありません。

とはいえ、この業界を見渡すと、人を惹きつける魅力的な発信をする人もいれば、そうでない人がいるのも事実。

この違いとは、一体どこにあるのでしょうか?

この違いを知ることが、情報発信ビジネスで成果を出すうえで、何よりも重要なことです。

そこで、今回は”人を惹きつける情報発信者になるために絶対欠かせないポイント”についてお伝えしていきます。

ヒデ
ぶっちゃけ、ここさえ抑えておけば必ず上手くいきますよ。

伝えたいことは何ですか?

情報発信ビジネス

今回お伝えすることは、

・ブログ
・メルマガ
・SNS
・YouTube

全てのメディアで共通して言えることです。

情報発信で成功しようと思ったら、

「なぜ、あなたはその情報を発信するのか?」

「あなたが本気で伝えたいことは何なのか?」

この答えを明確にしておく必要があります。

いわゆる、”Why(なぜ)”の部分ですよね。

ここを深く掘り下げて考えることで、多くの人を魅了するようなコンテンツを生み出すことができるのです。

そして、そこに共感してくれる人が増えれば、自然とビジネスは上手くいきます。

逆に、ここをないがしろにしてしまうと、いくらノウハウを学んでもムダ。絶対に上手くいきません。

だって、その発信に『軸』がないんだから当然です。

軸がなければ、どんなテクニックを駆使しようが、どんな美しい文章を書こうが、どこか薄っぺらい。いくら綺麗事を並べたところで、読み手に一瞬で見透かされてしまいます。

反対に、同じような発言でも、響く人はメチャクチャ心に響いてくる。文章が下手だろうが何だろうが、”ビシビシ”と伝わってくるものがあります。

で、「この違いは一体何なんだろう?」と考えたとき、やっぱり動機なんですよね。

「なぜ、自分がそれをやるのか?」

「私は◯◯のために活動するんだ!」

と、自分の活動すべき理由をちゃんと持っているかどうか。

そして、その軸から外れない発信を続けていると、一つ一つの言葉に重みが出ます。どんな発信をするにしても、そこに独特の色合いを帯びてくるんです。

だから、僕はコピーライティングで興味を惹こうとか、心理テクニックで相手を揺さぶろうとか・・・。

ぶっちゃけ、どうでもいいと思ってます。

しっかりと自分の軸さえ持って活動を続けていれば、そこに共感してくれる人たちが自然と集まってくるんですよね。

その結果、ビジネスも上手く回るのです。

だから、あなたは稼げない。

それで、こういう話をすると、

ブロガー志望
私は、お金を稼ぐためにブログを書いています。

ユーチューバー志望
オレ様が有名になるためだ!

という答えが返ってくることがあります。

要するに、”自分がお金を稼ぐため”に情報発信をしている人たちですよね。

もちろん、この考え方も間違いではないし、ビジネスをやっていく上で、ある意味仕方がないことなのかもしれません。

実際、ぼく自身も、

大金を稼ぐためとか、
自由になるためとか、
不労所得を得るためとか、

最初にネットビジネスを始めたきっかけは、そういった利己的な理由が一番大きいです。

自分のカネ儲けのことばかり考えていました^^;

ただ、しばらく試行錯誤しながら活動していくなかで、途中でそれだと発信するネタがなくなってくることに気づいたのです。

それも、よく考えてみれば当然ですよね。

ヒデ
お金を稼ぐために文章を書くとすれば、そもそも何も伝えたいことがないから言葉が出てこない。

本来、文章とは相手に何かを伝えるための”ツール”でしか過ぎません。

それなのに、何も伝えたいことがなければ、誰かに何かを伝えることは不可能です。

僕らは何かを伝えたいからこそ発信しているのであって、そこがなければ何も書けないし、そもそも言葉にする必要すらない。

あげくの果てに、

情報発信でお金を稼ぎたいけど、特に伝えたいこともない・・・。

といった、本末転倒な状況に陥ってしまいます。

でも、案外こういう人って多いんですよ。

特に、ネットビジネスやアフィリエイトに取り組んでいる人の大半は、金銭的なリターンを一番の目的として考えています。

そのため、

「何を伝えたいのか?」

「何のために書くのか?」

という、最も大事なところが欠落しがちなんですよね。

だからこそ、”Why(なぜ)”の部分をしっかりと考えておく必要があるのです。

そもそも、ビジネスで収益を得ていくことを考えた場合、何らかの形で相手に価値を提供しない限りお金は入ってきません。

最初のキッカケは何であれ、相手に新しい価値観だったり気づきをもららすことで、そのエネルギーが巡り巡って最終的にお金という形で戻ってくる。

これが、情報発信ビジネスのあるべき姿です。

それなのに、自分が稼ぐことばかり考えていたら、どうでしょう?

当然、何も発信することがなくなります。

そして最終的には、

ブロガー志望
書くネタが思いつかない・・・。

ユーチューバー志望
どんな発信をすればいいのか分からない・・・。

と、多くの人が挫折してしまうのです。

そりゃあ、僕だってお金を稼ぐためにビジネスをやるっていうのは至極当然だと思いますよ。

それが普通の感覚だし、別に否定する気もありません。

ただ、その延長線上にもっと上位次元の”動機”がなければ、あなたの発信するメッセージは誰にも届きませんよ、という話です。

そこで、

「そもそも、なぜ俺はこの商売をしているんだろう?」

「なぜ、私はこのサービスを世の中に届けたいんだろう?」

と、あなたの想いや理想世界のようなものを再定義する必要があるんです。

それこそ、「オレは世の中をこう変えたいんだよ!」という、その人にとっての信念ですよね。

ここが明確になると、どんな情報を発信するにしても、自分の中から”スラスラ”と伝えたいことが出てくるし、自然と内容そのものにメッセージ性が帯びてくるはずです。

まずは、この状態を目指して欲しいと思います。

世界の中心で愛を叫べ!

エアズロック

それで、僕にとっての情報発信とは、

ヒデ
世界の中心で愛を叫ぶ”ようなイメージなんですよ。

ちょっと恥ずかしいですけど^^;

要するに、ある特定の状況に追い込まれたとき、必然的に出てくる言葉があると思うんです。

それは、ブログだろうが、メルマガだろうが、セールスレターだろうが・・・。どんな文章でも変わりません。

「俺が本当に言いたいことは何だろう?」

「どうしても世の中に伝えたいことは何だろう?」

ただ、ここを突き詰めていくだけです。

 

例えば、僕だったら、

「もっと自由で、楽しく働く大人を増やしていきたい。」

そんな理想を持っています。

誰でも子どもの頃って、凄く楽しそうに目をキラキラさせながら遊んでいましたよね。それと同じように、大人たちも楽しそうに仕事をしていたら、世の中がもっと美しくなると思うんです。

だから、そういう世の中を創っていけるような活動をしていきたい。

それを実現するために、こうやって毎日コツコツとブログを書いています。

これが、僕にとっての”Why”ですよね。

で、そういう軸が一本あれば、発信する内容の一つ一つが変わってくるんですよ。

当然、そこにそぐわないような発言はしなくなります。

だから、

「年収1億円になって美女と豪遊しようぜ!」

「高級車を乗り回して、贅沢に暮らそうぜ!」

みたいな発言は、僕の口から出るはずがありません。

それよりも、

ヒデ
もっと自由で、楽しく働く大人を増やしていきたい!

これが、どうしても世の中に伝えたいメッセージです。

それを書いた旗を掲げて、その旗の元に集まってくれる人たちと仲間になって、もっと楽しくて自由な生き方をしていきたい。

それが、僕の大切にしている価値観です。

もちろん、そこに共感してくれる人もいれば、そうじゃない人もいる。

でも、それで構いません。

だって全ての人に届ける必要はないし、自分の考え方に共感してくれる人だけに響けばそれでいいんですよね。

その結果、自分の惹きつけたい人だけを惹きつけ、自分の商品やサービスを届けるべき人に届けることができれば十分です。

そのためにも、

「みんなで、こうなっていきたい!」

「もっと世の中をこうしていきたい!」

という『あなたの理念』を定めておくことが重要です。

そして、そこからブレない発信を心がけていけば、自然と一つ一つの発言に重みが増していきます。

その結果、読み手との信頼関係が少しずつ生まれてくるのです。

まずは、ボンヤリとでも構いません。

「なぜ、あなたはその情報を発信しているの?」

というコアな部分を、もう一度深く掘り起こしてみてください。

最後に

いかがでしょうか?

今回は、人を惹きつける情報発信者になるために絶対欠かせないポイントについて解説しました。

もちろん、

「この発信を通して、何かモノを売りたい。」

「人々の共感を呼んで、自分を好きになってもらいたい。」

「その結果、たくさんのお金を稼ぎたい!」

といった、それぞれの細かいテーマはあっていいと思うんですよね。

でも、それだけでは不十分です。

もっと大きな次元で捉えたとき、「なぜ、あなたはそれをやるのか?」という軸があって、それを実現するための情報発信なのです。

ここが欠けていると、せっかく伝わるものも伝わらなくなってしまいます。

現時点で、キッチリと言語化できてなくても構いません。

まずは、それっぽいものを掲げてみて、日々その動機をパワフルにしていくことが重要です。

そうすれば、テクニックや方法論なんて後から勝手についてきますよ。

ぜひ、自分だけの『Why』について考えてみてください。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございます。

情報発信ビジネス

ABOUTこの記事をかいた人

矢島秀人(ヒデ)

現代社会のあり方に疑問を感じて、最強のフリーターを志す。独自の手法「ブッダ∞アフィリエイト」を実践し、2011年以降”ほったらかし”で月収7ケタ超え。現在は海の町で暮らしながら、主にネットビジネス・企業コンサル・FX投資などを行い、個人ビジネスの究極形を追求している。何モノにも媚びず、己の腕一本で食っていける知識をシェアしよう。