なぜ、ブログには『プロフィール記事』が必須なのか?

コミュニケーション理論

もし、あなたが何らかのブログを運営しているのであれば・・・

当然、プロフィールは準備しておくべき。

なぜなら、

「ブログはプロフィールが魂だ!」

といっても過言ではないから。

もちろん、魅力的なプロフィールを書くことで、読者の共感を得られたり、ファンが増えたり、アクセスが増えたり、様々なメリットが挙げられるわけですが。

それ以上に、自分の中でプロフィールを持っておくだけで、何を書くにしても、その言葉にメッセージ性が宿りやすくなります。

そして、これが面白い情報発信をするうえで、絶対欠かせない要素になるのです。

そのため、特にビジネス目的ではない趣味やライフワークのブログであっても、必ずプロフィールは載せておくべきでしょう。

今日は、その理由について掘り下げて解説していきます。

ヒデ
ブログにプロフィールを掲載しようかどうか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

プロフィール記事が必要な理由とは?

①ユーザーの判断基準になる

プロフィールの重要性を考えるうえで、まずは訪問者がページに訪れる心理について考えてみましょう。

例えば、ブログでいえば、検索エンジン経由で流入してきて、何らかのコンテンツを読んでくれた人が、

「このブログって面白いな〜」

「役立つ情報が書かれているぞ!」

となった次の段階で、

読者さん
一体、どんな人が書いてるんだろう?

と、初めてプロフィール記事に訪れてくれます。

そこで、ユーザーは他のコンテンツも読むかどうかの判断をしているわけです。

自分にとって、本当に必要な情報なのか、その情報に信憑性はあるのか、理想の世界に導いてくれそうな人なのか。

ユーザーは、直感的に”見極めよう”としています。

ですから、訪問者に対して、

・私はどういう人間なのか?
・どんな理念を持って活動しているのか?
・この情報は信憑性があるのか?

・この人の情報をもっと知りたい!

という”共感”や”親近感”、あるいはその先の”信頼”を抱いていもらうキッカケになるような情報を載せておく必要があるのです。

また、あなたが情報収集している立場になれば分かると思いますが、初めは相手もじっくりと読むつもりでブログを訪れてはいません。

最初の段階では、その運営者自体に興味すら湧いていない。

そのため、自分の発信を読むことで、「どんなメリットが得られるのか?」という可能性を見せてあげることも重要になってきます。

ヒデ
そもそも、相手は自分に対して興味がない。その前提を踏まえたうえで、プロフィールを書いていく必要があるのです。

 

②言葉にメッセージ性が宿る

そもそも論として、言葉そのものにさほど価値はありません。

こう言うと驚かれるかもしれませんが、本来その言葉自体に価値があるのではなく、「その言葉に至るまでの経緯、背景」なども含めたうえで、独自の価値が生まれてくる。

これこそが、言葉の持つ力です。

例えば、「世の中、お金が全てじゃない!」というセリフ1つとっても、

①努力した結果、億万長者になってお金が有り余っている人

②嫌なことから逃げ回ったあげく、全然お金を稼げてない人

全く同じ発言をするにしても、その言葉の受け取り方は大きく変わってきます。

つまり、

「誰が、この発言をしているのか?」

ってことがメチャクチャ大事になってくるんですよ。

そして、その「誰が?」という部分がプロフィールであり、それを自分の中に持っておくだけで、これから書く文章の一つ一つにパワーが宿り始めます。

もちろん、最初は”仮決め”でも構いません。

ひとまず、私は「◯◯を伝えたい!」「こんな人たちが☆☆になってほしい!」というものを定めたら、あとはそれを軸にどんどんと発信していく。

その過程で、自分なりのスタンスも徐々に見えてくるだろうし、そこが明確になっていけば、読み手が抱く印象もガラリと変わってくるでしょう。

「なんかこの人の文章、妙に引き込まれるんだよなぁ。」

ってな感じで。

そのストーリーや想いが、普段の文章にも描写されることで、不思議と説得力が増してくるのです。

とはいえ、ただ何となくプロフィールを書くだけでは意味がありません。

(まぁ、全くないよりはマシですが…)

プロフィールの具体的な書き方については、こちらの記事でも解説しているので、併せて参考にしてみてください。

きっと、より理解が深まると思いますよ。

ブログのプロフィール

ブログに読者が集まりだす!プロフィール記事の書き方とは?

2018年11月9日

 

③ブログの方向性が定まる

ヒデ
これから生み出していくコンテンツ、全ての土台になるのがプロフィールです。

極端な話、そのプロフィールを記事にしなくても、”自分の中に持っておくだけ”で充分な威力を発揮してくれます。

自分の過去、現在、未来…。一見バラバラに見える出来事が1つに繋がったとき、人は初めて人生にストーリーを感じることができるのです。

そして、そこに何らかの意味を見出します。

「もしかすると、俺が担う役割って◯◯なのかなぁ。」

「あぁ、そうか。自分は☆☆のためにブログを書いているのか。」

と。

もしかすると、最初はボンヤリとかもしれません。しかし人生の出来事がつながり、統合が進むうちにそれがハッキリと現れてきます。

これが”一体感”であり、それを認識することで、あなたのビジネスも一気に加速してくるはずです。

腹が据わり、人生に軸ができ、ブレなくなるので、同じ言葉を発していても破壊力が増しますし、影響力も段違いに変わってくるので、より多くの人を感化することができます。

かといって、この辺りのことを詳しく話すと、余計にややこしくなると思うので…。

ここでは、「文章に”魂”が宿りだす!」くらいのイメージで捉えてみるといいかもしれません。

例えば、ブログで発信している内容がごくごく平凡だったとしても、その言葉にストーリーが乗っかることで、独自性が生まれてきます。

そして、その根底を支えるものがプロフィールであり、だからこそ言語化しておく必要もあるわけです。

ヒデ
俗に言う、”言霊”ってヤツ。己の人生を乗っけて、心の奥底から言葉を吐き出さない限り、誰にも伝わらないよってことです。

 

実績&肩書ゼロの場合、どうすればいい?

実積や肩書

で、実際にプロフィールを書いていって欲しいんですけど、たぶん最初は大変だと思うんですよ。

特に、ブログを立ち上げたばかりの初心者さんの場合、かなり高い確率で、

「実績もないのに何を書けばいいの?」

「そんなの私には無理です…。」

という答えが返ってきます。

でも、これだけは覚えておいて欲しいのですが、読み手からの”共感”や”親近感”、あるいはその先の”信頼”を抱いていもらうために必要なのは、その分野における「実積」や「肩書き」ではないんですよね。

もちろん、何かしらアピールできる実積があれば、どんどんと盛り込んでいくべきでしょう。

ヒデ
だけど、それは決して”センターピン”ではない。

センターピンというのは、ボーリングの真ん中にあるアレです。

ボーリングって真ん中のピンにボールを当てれば、勝手に後ろのピンも倒れていくじゃないですか。

それと同じで、どんな物事にも、「そこさえ外さなければ大体上手くいく!」みたいなコアな部分って必ずあるんですよね。

で、ボーリングの例で言ってしまえば、実積とかって間違いなく”角ピン”なので、そこを必死に倒そうとしても、ストライクになる確率はかなり低い。

それよりも重要なのは、『そのブログで発信している情報の質』です。

結局、読み手は”自分にとって役に立つコンテンツ”かどうかっていうのを見極めているだけ。もし実積がないなら、コンテンツそのものをアピールしていけば良いじゃないですか。

だって、よく考えてみてください。

例えば、いくら「私は年収1億円稼いでます!」といったところで、そのブログの発信がしょーもないものだったら、絶対にファンにはなってもらえないですよね。

特に、ネットビジネス業界では、「俺、こんなに金持ってんぜ!」みたいな(笑)

自らの稼ぎをアピールする輩も多いですが、見ず知らずの他人に収入を公開するなんて普通に考えたらあり得ない話ですから。

少なくとも、僕はそういう承認欲求の強い人種は苦手です…。

しかも、これはどんな分野でも共通して言えますが、一流のプレイヤーがそのまま一流の指導者であるとは限らない。

だから、仮に実積がなかったとしても、そんなことは気にせず自信をもって情報発信していけばいいのです。

別に、誰かと比べる必要なんてありません。

昨日の自分より今日の自分、今日の自分より明日の自分と…一歩一歩成長しながら、少しずつ経験や実力を積んでいけばいいだけです。

つまり、

「他人と比べるな。自分と比べろ!」

ってこと。

 

ちょっと話が脱線してしまいましたが(汗)

とにかく、全ては『ブログで発信している情報の質』によって相手は判断するということを忘れないでくださいね。

 

最後に

ヒデ
今回の話を踏まえて、実際にプロフィール記事を書いてみましょう!

もちろん、最初のうちは他の人のブログも参考にしながら書いていくのが自然な流れだとは思うんですけど。

もし可能なら、最低限ポイントだけ押さえて、あとは自分なりに全力で書いてみるっていうやり方がオススメです。

当然ですが、誰かの見よう見まねで書くよりも、自分の気持ちを込めて書いたほうが読み手にも伝わりやすくなりますからね。

とはいえ、全くゼロの状態からプロフィールを作るのって、やっぱり大変なんですよ…。

慣れないうちは多少時間もかかるかもしれませんが、文章のトレーニングだと思って取り組んでみましょう。

また、プロフィール記事の具体的な書き方については、こちらの記事でも解説しています。かなり参考になると思うので、ぜひご笑覧ください。

ブログのプロフィール

ブログに読者が集まりだす!プロフィール記事の書き方とは?

2018年11月9日

それでは、今日はこの辺で。

以上、最後まで読んでくれてありがとうございます。

コミュニケーション理論

ABOUTこの記事をかいた人

矢島秀人(ヒデ)

現代社会のあり方に疑問を感じて、最強のフリーターを志す。独自の手法「ブッダ∞アフィリエイト」を実践し、2011年以降”ほったらかし”で月収7ケタ超え。現在は海の町で暮らしながら、主にネットビジネス・企業コンサル・FX投資などを行い、個人ビジネスの究極形を追求している。何モノにも媚びず、己の腕一本で食っていける知識をシェアしよう。